スタッフBLOG

私の道楽!

 右ハンドルのアクセルスロットルを手前に捻ると瞬時にエンジンが躍動し、車体全体が鼓動を増し安定を保ちながら加速し、周りの景色が後ろに流れ、気持ちの良い風がヘルメットをかすめ胸元を押し付ける。何も考えずにただ運転に集中する。

バイクに乗っている時の一コマである。

 私は趣味とは言わないが天気が良い日だけ時々バイクに乗っている。若い頃から乗っていたわけではない。元々やりたいと興味をもったことは何でもやる道楽主義なので、40歳半ばを過ぎて時間に余裕が出始めた頃に思い立ち、教習所に通い自動二輪の免許を取得した。当初は家族や周囲からバイクは危ないと言われたが、それは承知の上で、車より安全に気を配りながら走ることを肝に銘じて実行した。だから私のツーリングは、街中は避けて、できるだけ信号の無い郊外で車両の少ない道路を選んで走っている。正直なところ気を張って走っているので、走り終わった後は脱力感を覚える。だからロングツーリングや、仲間との集団走行はしないで、一人で走りを楽しんでいる。

 バイク乗りにも進化があり、最初は中型のバイクで楽しんでいたが、二車線の道路を走っている時に、ふと「隣の車は自分のバイクに気付いているだろうか。急に車線を変更されたら飛ばされて危ないな」と、恐怖を感じるときがあった。静かな音で走るより、存在感のある大きなバイクの方が身を守れそうだと察知し、ステップアップし限定解除の大型自動二輪の免許を取得し、バイクも大型でエンジン音の重量感が響き渡る物に乗り換えた。車列の流れに沿って普通に走り、あおったり、間をすり抜けるような走り方はしてないのだが、中には前の車線をあけてくれるようなケースもある。接触防止という面では効果はあると感じるとともに不思議な優越感も感じている。重量が有り、小回りには苦労することもあるが、今では米国製の大型バイクを愛車にしている。

『楽しーー!!』

 

2019.12.24

ひっつかれる悩み

「アメリカセンダングサ」にひっつかれたことはありませんか?

少し前まで,道路脇の土手の上や道路の縁石の脇に,セイタカアワダチソウと競うように黄色く小さな花を咲かせていたこの植物は,花が散って枯れた今の季節,いよいよその本領を発揮します。

数ある「ひっつき虫」の中で最強ではないかと思います。

枯れた枝の先々に線香花火状の黒い種がいくつも付いている様子は,見方によっては可憐に思えるかも知れません。

しかし,衣類などがこの種に触れたら大変です。間違いなくひっつかれます。

ひっつかれた方ならお分かりでしょうが,衣類にほぼ直角に刺さったこの種は,かなりの数に上るのが普通です。

種の先端は,刺さったら容易に抜けないような工夫が施された小さなトゲになっていて,手で払うくらいでは容易には取れません。

種の一つ一つを丁寧に取り除く羽目になりますが,トゲには「カエシ」があります。

アメリカセンダングサは,このような厄介ものですが,一度ひっついたら容易に離れないその姿は,婚活の世界では見倣う面があるような気がします。

それはさておいて,この厄介ものには極力ひっつかれないよう今冬を乗り越えたいと思います。

2019.12.12

クリスマス♪

2019.11.28

芸は人なり

先日、林家たい平氏の講演会「笑いと健康」に出向いた。

のっけから笑いあり、涙あり、考えさせられることもあり、で、楽しいひと時を過ごした。

その中である師匠に扇子に書いていただいた言葉 『芸は人なり』 について話をされた。

師匠に意味を教えてくださいと尋ねるとこんな風に教えてもらったそうだ。

「生まれてから今日までの人生の全てが芸に出る。気品、風格、粋、全てがその人が体験した人生そのものの反映である。いくら落語の勉強しても、薄っぺらな人生を歩いた人の落語は面白くない。結局は芸は人間の大きさや優しさ、その人の人間性・人格そのものである」と!

 

やはり、そういうことかと膝を打った。仕事にも趣味にも出逢いにもすべてに当てはまるなあ、と聞きながら納得した。「結局は人なのである」この方ともっと話していたい、この方の意見を聞いてみたい、と、思える人、思われる人。そんな人とはずっと一緒に話していたいと思わされる。そんな人を目指したい。

 

皆さんも色々なところに出かけて行って、色々な経験を重ねてそんな人との出逢いを沢山創っていってください。素敵な出逢いがありますように祈ってます。

2019.11.28

プラネタリウム


 先日、娘と出掛けた際の夕暮れ時、時間があったので二人でプラネタリウムに行ってきました。
 その施設は、全席が寝転がるような姿勢まで倒れるシートで、ゆったりと星座を楽しめるようになっていて、ずいぶん前に家族で流星群を観た時のことを思い出しました。
 直接、職員さんが紳士なやわらかな声で様々な伝説や秘められた神話を語られるので、もうそれだけでうっとり、別世界にいざなわれたよう!
 私は夜空を眺めるのは好きだけれど、皆が知っている北斗七星とカシオペア座とオリオン座くらいしか見つけられなくて・・・
今回で、夏の大三角形ベガ(織姫)、アルタイル(彦星)、デネブだけでも覚えておこうと!!
来年の七夕には、孫に織姫様と彦星様の話しをしてあげられるかも。
 もっと幻想的でロマンチックな天空の世界に身を置いておきたかったけれど、一時間あっという間で、帰り客はうっとりしたカップルがたくさん!!
こんなデート、うらやましい!!
皆さんも、夏の花火も良いけれど、大人なプラネタリウムもおすすめですよ。
お相手の星座の神話も調べておいたら、素敵な会話ができることでしょう!!
                                  県北センター
2019.07.31

夏のイベントへでかけよう!!

 ホタルの鑑賞、茨城県内は6月下旬~7月上旬が見ごろかな?!

きぬ川ふれあい広場へ、6月29日(土)夜、ホタル祭りに出かけました。小雨が降る中、

お囃子が聞こえます。屋台の通りを抜け、『ホタル→』の看板を見つけました。人口で育てられたホタルがネット内に沢山います。

 生まれて初めてホタルを見る孫たちは、興味津々ずーっとホタルの光に魅了され見つめていました。沢山のホタルが一斉に放流されると、こども達は思い思い、そお~っと手に取り、喜んでいました。帰りには、そお~っと手を広げ放し、「ありがとう、バイバイ!!」しました。

 懐かしく思い出した私・・・・、

田舎に育ち、麦刈りが終わると、麦の茎のストローのようなところを使ってホタル籠を手作りし、うちわを持ってホタル狩りをしたこと。そして、蚊帳の中に放し眠りに就いたこと・・・「なつかしい!!!」

 茨城県内の各地にて、夏のイベントが沢山あります。海に、山に、夏祭り、花火大会、祇園まつりetc.

 心がウキウキしちゃうのは私だけでしょうか!
 あなたは、誰とこの夏をエンジョイしますか?!!
                                   県西センター 

2019.07.05

ゆる~くコンカツサークル活動

昨年秋からスタートした『ゆる活サークル』
ゆっくりゆったり異性と出会っていきたい、ちょっとガッツリの婚活に疲れちゃって・・・、婚活というのをはじめてみたいとは思うのですが、何をすればいいのか?どこに申し込みをすればよいのか?ぜんぜんわからないの・・・・
そんなあなたにぴったりのこんかつなのです。
その場で「何番さんと何番さんカップル誕生です!」のような、マッチングはしません。
1:1の自己紹介もしない時の方が多いです。
アンケートを取って次のイベントの内容を決めます。
今までもアンケートによって「読み物の会」「ボウリング」「ヴィーガンカフェで立食パーティー」などなど企画してます。
4月には日ごろあんまり身体を動かす機会のない方も安心して参加できる「レッツ☆ピンポン」や1回目参加者のアンケートで支持の多かった「映画を観てみんなで感想を話してみようの会」を企画してます。
センターのパーティー一覧をご確認の上、お申込みお願いします!
皆さんと一緒に楽しいイベントをこれからもどんどん企画しますよ~、
こんなイベントしたい、という要望もお待ちしております。
今は、このゆる活は30代、40代で開催してますが、
要望があれば20代のゆる活、
50代のゆる活もどんどん作りますので、どうぞ、お声かけくださいね!!
この『ゆる活サークル』はスタッフも一緒に楽しませてもらってます。
2019.03.13

鎌倉の紅葉

 紅葉の時期、カメラ好きな友人に誘われ鎌倉へ。

以前訪れた時の紅葉がとても綺麗で何枚もシャッターを切ったという。

どれほど綺麗なのか想像するとわくわく感も増してきた。お寺に向かう道は大勢の人で賑わっていた。「平日なのにいるな~!!」皆も江ノ電巡りでここは見所なのね、と、思いながら歩いていると友人ががっかり顔で「残念!紅葉になっていない」とポツリ、一言。そうです、ここも塩害の影響を受けてしまったようでした。

 平成30年は漢字一文字で表すと「災」の年になる程、自然災害の多い年でしたね。

年々異常気象が増えとても不安です。色鮮やかな紅葉が毎年見られることは幸せなことなのですね。
 ここでは触れると治してくれる(?)と書いてあるお地蔵さんを見つけたのであらゆる箇所を触って治りますようにとお願いしました。まず愛らしい顔を触り「どうか小じわが消えますように!」と始まり、肩、腰、足、そして頭に触れて「どうぞ物忘れしませんように!」と厚かましいお願いをしてきました。ここは皆さんもご存じの縁結びのお地蔵さんがいます。
 会いに行くのも縁の始まりかも??♡♡

 



2018.12.25

おやじのしわざ

今年の世相を表す漢字として「災」が先日発表されました。まさに今年は豪雪、豪雨、地震と多くの災害が発生しました。台風の発生も多く、9月30日に上陸した24号は私には経験そして記憶にもないような強風が長く続いた台風でした。庭木の傾きぐらいで済みほっとしたところでした。それから3週間ぐらいしたところ、米の保冷庫(動力使用)の電源が切れているのが分かりました。電気屋さんにみてもらったところ、屋外の引き込み線の一本が短絡しており、もう一本もバチバチと火花を出していたようです。電気屋さんの説明によると台風による塩害だということが分かりました。海から70キロも離れた内陸部まで潮風が来るのかとあらためて自然災害の脅威を感じました。
 昔から、怖いものと言えば『地震雷火事おやじ』でしょう。そうそう、親父はこわいよなあ、すぐ怒るし・・・でも、最近の親父は優しい人が多いようですね。実はこの『おやじ』は親父ではなくて『大山風』(おおやまじ)もしくは『大風』だ、という説があるんです。『地震雷火事おおやまじ』であったものを語調をよくするために、『地震雷火事おやじ』と言い換え、やがてそれが『地震雷火事親父』の意味だと取り替えられたということです。つまり、南方から吹く強風、現代で言う台風のことです。ですから、『地震雷火事台風』が本当なんです。心地よい爽やかな風ならいいんですがネ・・・。
                               県西センター スタッフ
2018.12.21

ディナーショー☆☆

先日、美川憲一とコロッケのディナーショーに行ってきました。

会場は神栖市のアトンパレスホテルで、10名の丸テーブルで50個位あったので

総勢500名位いたと思います。それが1日2回ほぼ満席だったようなので

すごい人気なんですね~。

まずはディナーが始まって運ばれてくるお皿をどんどん平らげて(笑)、

その後のショーでした。最初に2人で出てきて、その後コロッケのものまねと

美川憲一の歌がそれぞれあり、最後にまた2人でという感じでした。

席はステージに近くなかったのですが、各テーブルを歩きながら歌やものまねを

してくれていたので至近距離での迫力はすごかったです。コロッケの顔の大きさには

びっくりしました(笑)

19時からディナーが始まり、1時間半ほどのショーで22時弱まででした。

とても楽しかったです!

2018.12.18
1 2 3 4

過去の記事