婚活アドバイス

紹介依頼書提出

まずは、お住まいの地区を管轄するマリッジサポーターの活動協議会の会長さんへお渡しする紹介依頼書を作成しましょう。
様式はサポートセンターで入手するか、県ホームページからダウンロードして下さい。ダウンロードはこちら

必要事項を記入して、茨城県子ども政策局少子化対策課まで提出してください。
■FAXでご提出の場合:FAX 029-301-3264
■メールでご提出の場合:shoutai2@pref.ibaraki.lg.jp※ご提出の前に、必ずお電話でご連絡をお願いいたします。
TEL 029-301-3261

担当サポーターの紹介編

要点を簡潔にお話できるよう、
ご自身のプロフィール等を整理しておきましょう。
担当サポーターの決定後、ご自身へ連絡が来ることになりますが、その電話代等はサポーターさんの自費であることを意識してください。紹介依頼書のほかに詳細なプロフィールシートを作成する必要があります。また、面接する場合もありますので、ご自身と結婚に対する希望等を簡潔にお話しできるようにお願いいたします。
プロフィールに利用する写真は重要ですので
留意しましょう。
お一人で撮影されたもので、少なくとも半年以内に撮影したものを利用しましょう。
男性はスーツ姿で撮影するよう心がけましょう。女性はビジネススーツよりは、ご自身の魅力を引き出せる服装で撮影するとよいでしょう。

お見合い編

遅刻は厳禁。早めに出発しましょう。
少なくとも10分前には待ち合わせ場所に到着するよう、時間に余裕を持って行動しましょう。
身なりをきちんとしましょう。
初対面では第一印象が重要です。清潔な身なりを心がけましょう。また、口臭の気になる方はあらかじめガムを噛んでおくなど、自分なりの工夫を心がけましょう。
明るくあいさつしましょう。
第一声で「はじめまして。今日はよろしくお願いします。」の一言を忘れずに明るくあいさつしましょう。笑顔で自分らしくあいさつできれば、印象がずっとよくなります。
誠意あるまなざしで自信をもってお話しましょう。
あらかじめ楽しい話題を用意し、お相手の目や表情を見て、気持ちを確かめ合いながら、笑顔で話題に入っていきましょう。ご自身の性格や仕事、趣味、休日の過ごし方などあらかじめ整理しておくとよいでしょう。また、話題切れの場合は、誰もが関心のある食べ物について語り合うのもよいでしょう。
お話をしていて褒められたら、素直に応じましょう。
お話をしていて、お相手に褒められたら、素直に「ありがとう。」「(恥ずかしいけれど)うれしいです。」など、照れずに応えましょう。
謙遜のつもりでも「たいしたことないです。」などマイナス印象の残る台詞で応じる必要はありません。
お話しに対し感じたことを伝えましょう。
お相手がお話している中で、少しでも関心を持たれた話題には相づちを打ち、関心があることをお相手に伝えるほか、感銘を受けたことについては素直に言葉に出しましょう。
お互いの共通点をみつけましょう。
お話している中で、お相手との考え方や趣味などの共通点を見いだすように心がけていると親近感が湧いてくるので、次回のデートにつながりやすくなりますね。
出会い後のあいさつをしましょう。
帰宅後、電話、メールなどでお礼を述べましょう。お見合い中に、次回の約束をするのがベストですが、できなかった場合は、この機会を逃さずに約束しましょう。

パーティー編

アプローチカードとは、パーティー時に参加者に配布する自己紹介カードです。

マリッジサポーターは独自にパーティー・イベントを企画主催しています。ぜひ参加してみましょう。
当ホームページでもパーティー・イベントの開催情報を掲載しています。こまめにチェックしましょう。パーティー・イベント開催情報
パーティー・イベントについてのアドバイスはパーティー・イベント編アドバイスをご覧ください。

交際編

お相手に対し、常に敬意(気配り・目配り・心配り)をもって接しましょう。
気持ちが一番盛り上がっているのは、出会った当日です。必ず、その日のうちにメールなどで、その日の感想などを伝えましょう。「明日連絡すればいいや。」と安易に考えず行動しましょう。
デートコースは
事前に考えておきましょう。
お相手が興味を持っていそうなところをデートの日までに調べておくとよいでしょう。晴天の時、雨天の時を考えて車内は常に清潔にしておくと良いでしょう。最初のデートは、話題のスポットや、雨天の心配のない水族館や博物館なども人気なようです。
豊かな表情で、お相手との心を
近づけるよう心がけましょう。
最初はお互い緊張しているもの。できれば男性から趣味や将来の夢などざっくばらんなお話で会話を盛り上げ、その中でお互いの共通点を見つけ、次の話題につなげていきましょう。また、互いに名前で呼んでみるのも心を近づける方法としてオススメです。
お相手が受け入れやすいような話題を
常に考える習慣をつけましょう。
自分らしさを活かした話題が続くからといって、ご自分の趣味ばかり話しているのも考えもの。お相手の表情などを見ながら、関心のありそうな話題につなげていきましょう。できれば、結婚後の将来の夢などを語り合えるとよいですね。
食事は楽しくお相手に合わせた
ペースで食べましょう。
ご自身の好きな食べ物や嫌いな食べ物などを、話題の中で事前に伝えておくとよいでしょう。初めての食事の場合、お相手が食事をしやすいように視線に気をつけたり、距離感を上手に使い分けましょう。また、お相手の用意が整うまではお待ちするなどの配慮をし、できるだけお相手のペースに合わせるようにしましょう。
結婚に向けて
真摯な努力を続けましょう。
お相手は、交際を通してあなたの外見だけでなく、積極性や、心の豊かさ、人に親切にできるか、立ち居振る舞い、言葉遣い、食事の仕方など、あなたの全てを見ていると考え、結婚に向けた真摯な努力を続けましょう。

プロポーズ(決断)編

早めに恋愛モードから結婚モードへ切り替えましょう。
お見合いは結婚を前提としているので、なるべく早めに男性からプロポーズして、結婚の意思表示をしましょう。その後はご両親への紹介、結納や結婚式の日程や式場選びなど、お互いに結婚準備にむけての交際としていきます。
お相手に100%を求めないようにしましょう。
この世に完璧な人はいません。尊敬できるお相手と出会えたら結婚のお相手としては理想的です。

ご成婚(退会)

おめでとうございます!縁あってめでたくお二人が結ばれた場合には、お世話になった
マリッジサポーターに連絡して幸せの喜びを分かち合いましょう。いつまでもお幸せに!