スタッフBLOG

おさんぽ

♪ ゆうびんやさん おとしもの 

ひろってあげましょ 1まい2まい3まい・・・

 

広い公園の片隅で、小学校低学年の子供たちが何度も何度も歌いながらなわとびを回している。

なんだかうれしくなって、遊んでいる子供たちを見ながら子供の頃を思い出した。スマホやゲームがなかった私の子供時代は、鬼ごっこや缶けり、だるまさんがころんだ・・・来る日も来る日も暗くなるまで遊んだなあ。裏山に秘密基地を作ったのがばれて、「危ないから山で遊ぶんじゃないよ!」と怒られたこともあったっけ。

 愛犬ハッピーとこの公園に来るようになって3年あまり。何百回と訪れているが、こんな光景を見たのは初めてだった。立ち止まって遠い昔に思いを馳せていると、「ワン!」とハッピーにせかされ、ふと我に返りおさんぽに戻る。

 でもやっぱりうれしくて、どんぐりをたくさん拾った。ひとりでお留守番してくれているハムスターのポチへのおみやげ!

2018.12.03

『○○の秋』

皆さんは、どんな『○○の秋』を楽しんでいますか?

一年で一番五感が満たされるこの時期が大好きです。

いろいろなイベントが、あちらこちらで開催され、どこに行こうかと迷ってしまいます。

やはり私の目に留まるのは「食」です。収穫祭、味覚祭、芋煮会、etc.

そこで毎年恒例なのが「常陸秋そばフェスティバル」

各地のお蕎麦の食べ比べが出来、満喫します。蕎麦打ち体験も出来ますよ。

出かける時の私の中のルールで指定の駐車場に車を置き、そこから会場までは、往復歩くことにしています。(シャトルバスも運行しています)

見慣れない周りの風景やちょっとした発見が嬉しく、満腹のお腹も和らいでくれる気がします。

皆さんも『○○の秋』、楽しく満喫してください。

2018.10.29

青春 プレイバック!!  懐かしのドラマ サイコ~

今年は猛暑や台風など異常気象で大変でしたね。
そんな中楽しみにしているのが、自宅でお茶をしながら録画したドラマを観る事です。
今はBSや地上波での昔懐かしいドラマの再放送にはまっています。
 子供の頃に観ていた「寺内貫太郎一家」や「時間ですよ」、そして9月に再放送していた「東京ラブストーリー」。カンチとリカ。まさにバブルの時代。「東京ラブストーリー」は “月9ドラマ”だったために月曜の夜は街からOLが消えると言われ、女性の服装も、ワンレン・ボディコン・肩パット。
 昔のドラマを観たり音楽を聴くと、その当時に気持ちが戻ってしまいますね。「東京ラブストーリー」はタイムスリップしたように気持ちがバブルの時代に戻りハマッテしまいました。私はただ懐かしい~の一言で観ていましたが、物心ついた時からネットや携帯電話が当たり前の若い人にも話題になっているようです。そんな若い人たちにカンチとリカの恋はどう見えているのかな?
 これからも昔懐かしいドラマ、たくさん再放送してほしいな~♡♡♡
 青春 プレイバック!!

2018.10.26

有意義な人生、そして、癒しの家族!

38年間の仕事に終止符を打ち、昨年の3月末に退職した。
翌4月1日の朝に散歩に出た。田園風景や遠くに霞む山々を眺めていると、心の底から「ア~、自由だ!」という感情が強く込み上げてきた。たくさんの仲間に恵まれ、楽しくやってきたつもりだったが、「ホッ」として力の抜けている自分の気持ちが正直なところだった。
 待ちに待った自由な生活を迎えて、まずやりたかったことは、わずかながらも野菜を作り、きれいな花を育てる家庭人になることだった。しかし、素人感覚の甘さを痛感させられた。日差しの強さが増す中での草取りは疲労困憊、ましてや天気によっては予定していた作業ができない。農業従事者たちの苦労をしみじみと感じさせられた。幸いにも、去年も今年も夏野菜がそれなりに収穫できたことは嬉しい限りだ。
 また、これまで仕事中心だった私の人生だが、家族への恩返しのつもりもあり家族旅行を考えていた。昨年の夏に、娘たち親子と沖縄に出かけ孫たちとプールや海で遊び、しっかりリフレッシュすることができた。夕食はバーベキューで食を囲んで団らんを楽しみ、食後にはサプライズで、孫たちから退職を記念して「じいじ、ありがとう」のメッセージカードをもらい感慨無量だった。孫たちの笑顔がたまらなくて、今年の夏も再び沖縄に行ってしまった。(笑)
 孫たちの成長ぶりに癒されながらも、爺の存在を尊重させるような相乗効果を保ち、心温かな家族社会を継続させていきたいものだ。
 人生80年余、自分が自分の力で動けるのはあと何年だろうか。人生は一度、今までやらなかったことや、やれなかったことに残りの人生を挑戦し楽しんでいきたいと思う。
2018.09.28

【「ダメなところ」ってかわいい。】

 自分で自分の事を考える時、

 どうしても「ダメなところ」が頭に浮かびます。

 そのダメなところを『かわいい』に変えてみましょう。

 

例えば、

「そそっかしい」「おっちょこちょい」「忘れ物が多い」

 

ダメなところかもしれませんが、

『かわいい』に言い換えると、

なんか愛くるしく感じませんか?

 ********

 上手く行かない婚活です。

 自分で自分の「ダメなところ」を考えるのは簡単です。

その「ダメなところ」を『かわいい』に変えてみると、

 上手くいかない婚活も、

ちょっと楽しめる感じがしてきません?

 

2018.09.19

ライブ最高!!

今年は平昌オリンピックやロシアワールドカップを始め、たくさんのスポーツの祭典(大会)が目白押しですね。筆者もスポーツ観戦が大好きなので時間の許す限り・・・いや、体力の続く限り、TVライブ観戦しています。そうなんです・・昔からスポーツはライブじゃないとダメなんですよ(笑)

それは、自分がやっているかのように疑似体験ができ、ドキドキ、ワクワク、緊張し、選手の気持ちに共感でき、他の人との一体感、共鳴感を得られる素晴らしいものだからなんでしょう。

トップアスリートが見せてくれるすぐれた技術、パフォーマンスは、観ているだけの人の脳と体も心地よく刺激します。そして私たちは元気・勇気づけられもするし、感動も覚えます。それを何度も何度も欲しがるから、筆者はライブで観てしまうのです

 

 ・・・そうそう、出会いもライブよね!!!。

2018.09.19

「芸術の秋 美術館を楽しむ」

今から15年ほど前、私は水戸市の千波湖畔にある茨城県近代美術館に勤務し広報普及という仕事に携わっていました。それまで、美術や美術館にそれほど関心を持っていなかった私は、同じような方々にどうしたら美術館に足を運んでもらえるのか、思い悩む日々を送っていました。

そんな時、箱根へ行く機会があり、妻の勧めで当時開館したばかりのポーラ美術館を訪れました。ガラス張りのアプローチに続く森の中の美術館や、数々の著名な画家の作品の素晴らしさに、時間を忘れてアートな時間を堪能したことを覚えています。それから私はあちこちの美術館に足を運び多くの作品に触れる楽しみを知ったのです。

私に美術館の楽しみを教えてくれたポーラ美術館のコレクションが、今年開館30周年を迎える近代美術館の開館30周年特別展として9月4日から展示されています。印象派を代表するモネ、ルノワールから、セザンヌ、マティス、ピカソなど 珠玉の作品にまた会えるかと思うととても楽しみです。

芸術の秋、普段美術館に馴染のない方も、是非この機会に近代美術館に足を運び素晴らしい作品に触れてみてはいかがでしょうか。

2018.09.10

 車窓からの楽しみー筑波山変化―

筑波山ほど,見る場所によって姿形が違う山は珍しいと思います。

その違いが効率よく楽しめると思うのは,列車の車窓からです。

水戸駅から常磐線の上り列車に乗ったとします。

最初にその姿が見えるのは,赤塚駅を過ぎて田園地帯に入ったあたり。進行方向の左前方,遙か遠くです。ここでは,女体山と男体山の2峰が少し離れ,やや間延びした印象です。しかし,手前に他の山々が連なっていますので,注意していないと気づかずに過ぎてしまうでしょう。

次は数駅先,岩間駅を過ぎてからです。今度は,進行方向のほぼ真右方向。先程よりは,2つの峰が近づいたのが分かります。

ここから石岡駅までの区間は,離れている2つの峰が次第に近づき,やがて完全に1つに重なり,そして左右が入れ替わるのを見ることができます。しかも,隆起した岩峰が女体山の左にあり,それを男体山と混同しやすく,どれがどうなのか混乱させられる楽しみ?もあります。

そうこうして高浜駅を過ぎてからは,2つの峰はほぼ左右対称に鎮座します。

それから先の区間でも,筑波山は見え隠れし,また違った姿を見せてくれるでしょう。もしかしたら,今までで見落としがあったかも知れません。

もちろん,水戸線や常総線,つくばエクスプレスなどからも筑波山は見えますので,常磐線とは違った姿が楽しめると思います。

列車に乗ったらたまにはスマホから離れ,車窓からの風景を楽しんでみてはいかがでしょうか。

2018.08.30

『恋人の聖地』砂沼へ

砂沼はI.D.S.C.県西センターの近くにあり、茨城百景に選定されている沼で、約6㌔の遊歩道があります。

その砂沼に さん歩の駅『サン・SUNさぬま』が昨年オープンしました。

観光案内も併設し、地場の食材を使ったカフェ《5・6月はメロンパフェ》《7・8月はかき氷》「おいしかったよ!」

特産品を販売するマルシェ、2階のカフェやテラスからの砂沼の眺望が素晴らしく、開放感いっぱい。
また、砂沼遊歩道は桜の名所、ジョギングやウォーキングにと人気のスポットです。自然を満喫しながらカップルで歩くもよし、下妻市コミュニティサイクル「しもんチャリ」で散策するもよし。下妻市コミュニティサイクル「しもんチャリ」とは1台の自転車を複数の人が利用できる利便性の高い無料の交通システムです。(あとで100円が返ってくるデポジット式。)さん歩の駅『サン・SUNさぬま』をはじめまちなかを中心に6か所の専用サイクルポートがあり、専用サイクルポートであればどこでも貸出、返却が可能なので、まちなかを散策するのにとっても便利です。

県西センターにお立ち寄りいただいた折には、「恋人の聖地」砂沼へぜひ!!

 

2018.08.30

「高校野球Ⅱ」

甲子園。100回記念大会。

高校球児の熱い夏が終わり、今年もまたHEROが生まれました。

何と言っても秋田代表 金足農の大活躍!!

佐賀北以来の県立高校の優勝を願っていたのですが・・・。

おそらく、そう思っていた人が大半だったでしょうね。

TVのコメンテーターでさえも「金足農を応援していた」と言っていました。

 思い起こせば10年前の90回記念大会は、我が家の長男も高校球児真っ只中でした。

今でも最後の試合、試合後の涙、昨日のことのように覚えています。

 もう既に、1・2年生は来年の夏に向かって始動していることでしょう。

また、1年後、どんなドラマが生まれるか、熱い夏がいつまでも続くことを願っています。

 

2018.08.30
1 2 3

過去の記事